出会い系でゲイの親父と出会う方法

老け専ゲイ日記

親父ゲイと出会いたい男の日記

フケ専ゲイの僕がゲイに目覚めて悩んだ時

更新日:

僕は小学校の頃からおじさんやおじいさんを見て興奮していました。
寝る前に年配の人の事を考えてベットに股間をこすりつけてるような子供でした。

ただ好きではいたんですが認めてはいませんでしたね。認める自分が許せない状況でした。
テレビに出てるおかまの人(主にピーコとおすぎ)を見て笑いに変えられるって本当にすごいなぁって関心していました。

正直ゲイだと認めたらいじめられるのは確実です。
今でもありますが昔は今以上に偏見がある時代ですからね。

馬鹿にする言葉の一つしておかまと言う言葉がありましたね。

正直メディアではゲイが認められる時代が来ればいいとか言ってる人はいますが僕が生きてる間は無理だと思っています。
未来に期待もしていませんし、ゲイという自分は卑下されて当たり前だと思っている節もあります。

だからといって女性と向き合ってたかというと向いてはいませんでしたね。

-親父ゲイと出会いたい男の日記
-,

Copyright© 老け専ゲイ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.