出会い系でゲイの親父と出会う方法

老け専ゲイ日記

老け専ゲイの出会い

ゲイ出会いサイトで嘘をついてでも出会いたいの?

更新日:

毎日暑いですが、おかわりなくお過ごしでしょうか。お盆なのに仕事ばかりのおさむです。

前に書いたサイトでいろんなお爺さんとメールのやりとりを最近楽しくやっています。

ゲイ出会いサイトで親父ゲイと出会えました。

前回の記事の最後に書いてた通り、ゲイ専用出会い系サイトで親父ゲイと会う約束をしました。 今回はその続きを書いていきます。結果を先に言いますと会えました。 出会い直前のメールのやりとり 事前のやり取りは ...

続きを見る

先日もアポをとってお爺さんと会ってきました。

とって身体を重ねたのですが残念ながらその人とはうまくいきそうにないです。

なぜならその人は嘘をついてたからです。

どれだけ出会いが欲しくても、やっぱり嘘はダメです。

今日はゲイ専用出会い系サイトにおける嘘がなぜダメなのか書いていきたいと思います。

 

嘘をつくのがダメな理由

一番ダメな理由は会っても続かないからです。

嘘をついて会ってもいつかはバレます。

目的が恋人募集でも友達募集でも、セクフレ募集でも全部いつかは嘘はバレます。

恋人と幸せな時間を過ごしていても自分が最初にいった嘘でそれが一月終わるかもしれません。

友人と楽しく過ごしていても嘘をついた事がきっかけで一週間で連絡が途絶えるかもしれません。

快楽と刺激を求めてタイプの人と出会ったとしても嘘で塗り固められた容姿を見られ顔を合わしただけで終わるかもしれません。

求めたものは結局手に入りません。

そして、もう一つダメな理由は

ゲイの出会い全体の信用度がなくなるからです。

サイトのメールですごいタイプなプロフの人とあったけど会ってみたら体形が違うかった…

サイトの写真が気に入って会ってみたけど加工アプリの力で全然顔が違ってた…

性癖が合うと思ってたけどいざ肌を重ねてみたら違うかった…

嘘をつかれたほうはもうサイトを使って出会いを探そうとはしないはず。

サイトに対して疑心暗鬼になりせっかくの出会いの場を自らダメにしてしまいます。

こういった行為は自分の未来の出会いのチャンスをもなくしてしまうという事になるのです。

ですので嘘をついてまで出会おうとするのはやめにしましょう。

嘘をついてまで僕と会おうとした親父さん

大阪東京間を往復してる間にサイトで知り合った親父さんがいました。

掲載してる写真を見たり、プロフィールを聞いて僕のもろタイプでした。

普段の日常会話の話も盛り上がり、これは相性がいいな!久しぶりに長期的に付き合える親父さんができるかな!?とものすごく期待をしていました。

ただ、一つきになったのはエロい話になるとなかなか盛り上がらないという事です。

メールのやりとりで親父さんがリバとして経験豊富だという事は聞いていました。

しかしただ具体的な話になると「激しいのは嫌い」「優しくしてほしい」「ビデオの見過ぎ」などと言われてちょっと疑問に思うことが何度もありました。

掘ればところてんは約束する、おれのアナルは最高、腰振りでイカセテやるなど言ってたものですから上記の発言にはモヤモヤが残っていました。

実際会ってみると、写真で見た通りの外見、メールで聞いた通りのプロフでした。

もう初めて会った時は舞い上がってしまって上手にしゃべれなかったほどです。

一日目は喫茶店でお茶だけ。その日に次のアポを約束し二日目は居酒屋へ。

その日ホテルに誘ったのですがまだ早いと言われました。

そうだな、体だけの関係じゃないしな、末長い関係を望んでるんだからまだ駄目だよなと、自分に言い聞かせて三度目の約束を取りつけました。

三度目も居酒屋にあって思いのたけを告白「付き合ってほしい」「定期的に会ってほしい」という言葉を何度も言ってホテルに行くことに。

キスをして二人でシャワーを浴びようと思った矢先一人で入ると断られ。

あぁ、シャワ浣かな?と思い一人ずつ入ることに。

1人ずつシャワーを浴びていざ絡むとなったらもうぎこちないぎこちない。

もうこの時点でこの人はゲイセックスの経験がない人なんだとわかってしまいました。

けど強がってるのは可愛いと思い頑張ってつきあったんだけどやっぱり挿入時には嘘がバレますよね。

まずは親父さんが俺のアナルに挿入しようと思ったけど緊張して立たず…

そして今度は俺が挿入する番になったら緊張して泣き出す始末。

この時にやっと初めてです。ゲイとの経験はありませんと言ってくれました。

もうそこからの嫌な空気はたまらなかったですね。俺は半分キレていたと思います。

どうしてもタイプだったんですが、やっぱり嘘をつかれると萎えるというか…

まぁ、タイプだったので早めに白状してくれたらなんとでもできたんですが…

嘘をついても結局は裸の関係になるわけだからバレるというお話です。

なんにせよこの経験の後はしばらく出会いから離れていましたね(笑)

出会いが欲しくてたまらなくて嘘をついてしまう気持ちもわかります

ゲイであることに自分で気づきもういてもたってもいられなくてサイトに登録して出会いを探したんだと思います。

そんな中知り合った人と出会いたい、良い印象を与えたい。

その気持ちは本当にわかります。

ぼくだってすごいタイプな人がいてヒゲが嫌いと言われたら普段はヒゲを蓄えていますがメールのやり取りで普段からヒゲは生やしていないと言いますし、会う時は念入りに剃って行くと思います。

ただそれはいつかバレると思います。

それだったら今まではヒゲを生やしていますが貴方に気に入られるならばヒゲは剃ります。と最初にいえばいいだけだと思います。

どうしても会いたい気持ちはわかります。しかしその嘘はゲイ全体の出会いの信用度を下げるだけです。

俺と出会った親父さんだってそうです。

自分がゲイ経験がないことがコンプレックスだったんでしょう。それを隠し誇大な嘘をついて会うことに執着してきた。

しかし、会ってみたら関係を深めることは難しく自分の言ったことがネックとなって破綻し終わってしまう。

僕とすれば早い段階で経験がないと言ってくれればこんなことにはならなかったですし許すつもりでした。

ですが、結局は嘘をつき通し終わってしまいました。

ですから嘘などつかずにありのままの自分で勝負し出会いを探していきましょう。

ゲイ専用出会いサイトでは嘘をついてはいけない

以上書いた通りゲイ専用出会いサイトで嘘をついてはいけない理由です。

はっきり言って普通の生活でも嘘は良くないです。

嘘をついてるというだけで信用度はガタおちします。

嘘をついて信用を失うと出会いサイトの信用もなくなります。それは将来の自分の出会いのチャンスも無駄にしてるということは忘れてはいけません。

 

 

 

 

-老け専ゲイの出会い
-, , , , ,

Copyright© 老け専ゲイ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.